岸博幸慶氏の怪気炎

29年6月13日配信の岸博幸慶大大学院教授の記事を引用する。


 学校法人「加計学園」の獣医学部新設計画をめぐり、民進党など野党やメディアの安倍晋三政権批判が続いている。「総理のご意向」と記載された文書の有無が議論を過熱させている一方、問題の本質であるはずの国家戦略特区制度に関する議論は置き去りにされている。小泉純一郎内閣の竹中平蔵元経済財政担当相に秘書官として仕えた元官僚で、改革の現場に精通した岸博幸慶大大学院教授の意見を聞いた。(杉本康士)



 文部科学省の前川喜平前事務次官が「総理のご意向」で「行政がゆがめられた」と証言した。だが、特区を活用した加計学園の獣医学部新設に問題があるのであれば、国家戦略特区諮問会議やワーキンググループで異議を唱えればいい話だった。でも現実には止められなかったのは、文科省には説得材料がなかったからだ。こんなことで行政がゆがめられたというならば、政治主導は全て行政をゆがめることになる。

 安倍首相の「ご意向」は岩盤規制の突破だった。仮に「総理のご意向」が働いたとしても、間違った行政は修正するのが当然だ。首相が規制改革の意向を表明しても実現できていない改革なんて、腐るほどある。だから、「総理のご意向」があるから逆らえなかったというのは間違っている。

 安倍内閣が人事権を握っているから逆らえないともいわれるが、本当に日本のために必要だと思うなら、クビを恐れずにやればいい。自慢する気はないが、竹中氏の秘書官として不良債権処理をやっていたときは、竹中氏が失敗したら私も辞めるつもりでいた。人事権を握られたぐらいで何もできないなんて、その程度の志しかない人間が偉そうにモノを言うなと思う。

 前川氏の座右の銘は「面従腹背」だそうだが、論外だ。そんなことを正々堂々という官僚なんて官僚のクズだと思う。一時期とはいえトップを務めた人間がそんなことを言えば、文科省がそういう組織に見える。文科省の後輩たちに迷惑をかけると思わないのか。

 政治に対する行政の忖度も問題になっているが、忖度のない国なんてない。米国でも国際機関でも、忖度どころかコネまでまかり通っている。大事なのは、第1に違法性があることはしちゃいけない。第2に理屈が通らないことはやっちゃいけないということ。これは民間企業でも同じだ。

 加計学園の獣医学部新設が認められた裏で、首相が政治献金をいっぱいもらっていたとなると駄目だが、そんな事実はない。理屈も通っている。四国に獣医学部はなかったし、平成21年の時点で四国4県の知事が連名で四国に獣医学部がほしいと言っている。新設には十分に合理性がある。

 メディアは前川氏の発言を一生懸命報道するが、官僚主導の行政に戻った方がよいのだろうか。民主党政権が誕生した頃は、「官僚主導はいけないから政治主導にしなければならない」とみんな言っていたはずだ。獣医学部新設を問題視するメディアは、宗旨変えしたのだろうか。

 民進党は国家戦略特区制度の停止法案を参院に提出した。民進党は結局、政治主導で改革するのは嫌で、官僚主導で改革がない行政が好きなのではないか。

(以下略)


引用ここまで。


岸氏言うとおり、前川喜平は不満があるなら自分がまだ文科省の内部にいる時に、文科大臣に対して直接クレームを言うべきだった。義家文科副大臣は国会で質問に答え、
「マスコミとかそう言うところでなく、いろんな問題を含む文書があるなら、私のところに持ってきて欲しい」
というのだが、自由党森ゆう子は、
「そんなの義家さんが信頼されていないからですよ」
「まったく、情けない・・・」
この女、ムカつくわぁ。だったらオマエが文科省の全職員に対して、
「マスコミとかそう言うところでなく、いろんな問題を含む文書があるなら、私のところに持ってきて欲しい」
と言えばどうだ?オマエは義家副総理以上に、果てしなく信頼されてないからなにも出て来ないだろうが」

岸氏は
「安倍首相の『ご意向』は岩盤規制の突破だった。
「仮に『総理のご意向』が働いたとしても、間違った行政は修正するのが当然だ。首相が規制改革の意向を表明しても実現できていない改革なんて、腐るほどある。だから、「総理のご意向」があるから逆らえなかったというのは間違っている。」
と言う。実はオレも以前の記事に書いたが、例の前川喜平がバラ撒いた『怪文書』、今文科大臣がその存否を調査している。また、野党の方も「速く出せ!」とせかしているが・・・それが出てきたからって、いったい何だというのだろう。

国家戦略特区というコトで愛媛県や今治市と共に知恵を出しながら頑張っているのだ。
「総理のご意向だ」
「官邸のトップレベルの意向だ」
それがなんだというのだろう。安倍総理が自らの意向で岩盤規制を突破しようとしている時に、なんで既得権益を守ろうとしているのだろう。前川喜平というのは、獣医師会の弁当持ちなのだ?

確かに、旧民主党は政権を奪取する前から、
「官僚政治はやめて政治主導でやっていく」
と宣言したのだが、ことごとく官僚の反発あるいはサボタージュに合って結局官僚の世話になるしかならなかった。

だが、安倍総理は成長戦略の一部として、規制緩和に取り組んでいるのだ。かつて官僚の反発に破れた野党には安倍政権の政治主導を批判する資格はない。

民進党にとっては前川喜平を持ち上げてチヤホヤすることは、安倍政権の推し進める規制緩和のジャマをする事と同じだ。

岸氏はまた、こう言う。
「 安倍内閣が人事権を握っているから逆らえないともいわれるが、本当に日本のために必要だと思うなら、クビを恐れずにやればいい。自慢する気はないが、竹中氏の秘書官として不良債権処理をやっていたときは、竹中氏が失敗したら私も辞めるつもりでいた。人事権を握られたぐらいで何もできないなんて、その程度の志しかない人間が偉そうにモノを言うなと思う」

どこぞの民放番組だったと思うが・・・
「前川喜平はクビになった後にそう言うのではなく、現役でいる時にそう言うべきではなかったのか。」
それに対し、女コメンテーターが好反応する。
「そんなのよっぽど怖いでしょ?言えるわけないでしょ」

この女、岸氏に対してはそんなコト言えるのかね?あの竹中平蔵の元でハードに働いていた(戦っていた?)岸博幸慶大大学院教授に対してそんなことを言えるのか?

岸氏はまた、
「加計学園の獣医学部新設が認められた裏で、首相が政治献金をいっぱいもらっていたとなると駄目だが、そんな事実はない。理屈も通っている。四国に獣医学部はなかったし、平成21年の時点で四国4県の知事が連名で四国に獣医学部がほしいと言っている。新設には十分に合理性がある。」
と発言している。
オレは
「平成21年の時点で四国4県の知事が連名で四国に獣医学部がほしいと言っている。」
という事実を知らなかった。だが、愛媛県と今治市は国と一致して加計学園の獣医師学部の設置の準備を進めてきた。安部総理が加計学園から金を受け取っていた事実はないし、愛媛県や今治市にも手続き上の瑕疵はまるでない。

前川喜平は文科省職員の天下り問題で更迭されたことの主旨返しで今回の騒動を企んだのだろうが、行政の形を歪めたのは、前川喜平だろう。




<↓よろしければクリック((○┓ペコリ>

社会・政治問題ランキングへ

※悪質なコメントについては削除します。

<↓自らの病気やお出かけ、にゃんこ動画、音楽等についてはこちら
(レインボーマンをクリック)。愚痴や下ネタ多いので苦手な方はスルー(*´▽`)ノノ>

テーマ : 気になったニュース
ジャンル : ニュース

女はいつも被害者か?

29年6月21日配信のFNNニュースの記事を引用する。


多くの客でごった返す、深夜の電車内で起きた痴漢騒動。怒号が飛び交うこのトラブルの結末は・・・

警察「被害に遭われたという方、いらっしゃいますか?」
乗客「行けよバカヤロー!」
乗客「これが最終(電車)なんだよ!」
乗客「全員被害者だよ!」
乗客「みんなだよ! みんな!!」
乗客「降りろ! 降りろ! お前来い!」
男性「降りますから」
乗客「警察官、あなたたちも降りろ!」
乗客「さっさと降ろせよ!!」

客から電車を降りるよう迫られているのは、痴漢行為を疑われた男性。終電で帰宅を急ぐ乗客たちの怒号が飛び交い、現場は大混乱となった。
発端は、この直前、中国人の女性が痴漢被害を訴え、ホームの非常停止ボタンを押したことだった。
目撃した男性は「4人組くらいの中国人女性の1人が、車内を指さして、『あの人、あの人』と。『触られた』みたいな形で話をしていて」と話した。
駆けつけた駅員に「車内にいる男性に痴漢をされた」と訴える、中国人女性。
通報を受けた警視庁の警察官数人が現場に駆けつけるが、男性は頑として、電車から降りようとしない。

乗客「早く降ろせよ!!」
乗客「警察、何やってんだよ!!」

そして、およそ30分後、痴漢を指摘された男性は、大混乱の中、ようやく警察官とともに下車。ところが、この男性は、このあと、痴漢をしていないと証明された。
目撃した男性は「(乗客が)『それは痴漢じゃないよ、ただ荷物が当たっただけだよ』と、『その人は関係ないだろう』と」と話した。

警視庁によると、中国人女性と男性は、警察署で事情を聴かれたが、別の乗客の証言で、痴漢行為がなかったことが判明。
男性は解放され、中国人女性も納得して帰ったという。
中国人女性の勘違いから起きた、今回の騒動。
警視庁は、男性を電車から降ろした理由について、「けんかになるのを防ぐため2人を連れていった。2人に和解を促す必要があった」と話している。



引用ここまで。


「逮捕されなくて良かったねぇ・・・」
などといってる場合じゃない。

痴漢の疑惑をかけられた男性は警察に言われるままに電車を降りたら、間違いなく痴漢扱いされる。そして、女性に数万円支払って示談するのが最善の道・・・ということを理解することになるだろう。もしくは無罪を訴えそれを勝ち取るためにはものすごく数年という年月と途方もない労力がかかかる。

以前、オレは新聞の社会面で痴漢に関するものすごく扱いの小さい記事を読んだ。痴漢と訴えられた男性が2年かけてやっと無罪を勝ち取った。だが、勤め先には解雇され、妻には離縁され子供たちも一緒に出ていったという。

マスコミは
「痴漢に疑われたとしても、線路の上を逃げたりしたらダメだ」
などと偉そうなことばかりをいうのだが、どう考えても線路に降りて逃げた方がいいじゃないか。もし自分が無罪だと主張したとしてもほとんどが有罪だとされてしまうのだから。

ところで・・・納得のいかない点がある。ほとんどのテレビ局の主要な情報番組ではこの事案を取り上げているのだが・・・なにかおかしい。『痴漢』の疑惑をかけられた男性は、一緒の車両に乗り合わせていた複数の男性に、
「彼は無罪だ。痴漢なんてやってない」
と証言してくれたから、釈放された。

よころで、ここをどこの番組も取り上げないのだが・・・
彼が痴漢なんてやってない、というコトは知っているくせに、このクソ中国人は『非常停止ボタン』を押して電車をとめたうえで、警官を呼び、『痴漢』という嘘をでっち上げた。

なんでこのクソ女たちの『犯罪』を免責してしまうのか。そこについて追及する番組は、オレが見ている限りひとつもなかった。クソ中国人の居所を居調査し、なぜあんなことをやったのかインタビューするのがマスコミの仕事だろうに。

オマエら、どこまで日本人をバカにするのか。

TBSの『ひるおび』という番組。この関連で痴漢のえん罪に関して、
「だってさ、そんなの痴漢する方が悪いんじゃん」
と、この女もいつものクソッぷりを吐いた。

痴漢をする男性が悪い?そしたら痴漢のえん罪で逮捕されてもそりゃ疑われた男性がいけないってコトだな?痴漢を捏造した女はいつも庇護されるべきだと言いたいんだな?

この女の偏向っぷりはいつも最低レベルだわい。




<↓よろしければクリック((○┓ペコリ>

社会・政治問題ランキングへ

※悪質なコメントについては削除します。

<↓自らの病気やお出かけ、にゃんこ動画、音楽等についてはこちら
(レインボーマンをクリック)。愚痴や下ネタ多いので苦手な方はスルー(*´▽`)ノノ>

テーマ : 気になったニュース
ジャンル : ニュース

吠える北村弁護士

29年4月15日配信のZakzakの記事を引用する。


 日本テレビ系「行列のできる法律相談所」の出演者として有名な北村晴男弁護士は9日、ツイッターで以下のようにつぶやいた。

 《弁護士になりたくて頑張った。弁護士会に入らないとなれないので、入会した。多額の会費も払い続けている。すると、会や会長の名前で意見書や声明が出される。中には、共産党や社民党等の主張にそっくりで、自分の主張と真反対なものがよくある。「俺は政党に入ったんじゃ無い!」と叫びたくなる。》

 このツイートは話題を呼び、短期間で1万回以上もリツイートされた。

 私は以前から、日本弁護士連合会(日弁連)による左派偏重の政治活動を批判してきたが、日弁連への入会を義務付けられた日本の弁護士が、北村氏の主張を支持するには勇気がいるようだ。賛同意見を表明した弁護士の話をまだ聞かない。私が所属するカリフォルニア州弁護士会でも、以前、強制徴収された会費を一部の左派弁護士が政治活動に使っていた。

 左派弁護士の政治活動の自由は認めるべきだが、保守派の弁護士は彼らに資金提供したくない。サイレントマジョリティーだった私たちは、ついに声を上げ、強制徴収された会費を政治活動に使えないよう規則を変更させた。

 日弁連のウェブサイトを見ると、会長声明・意見書等の中に「最新の意見書」というコーナーがある。「いわゆる共謀罪を創設する法案を国会に上程することに反対する意見書」(2月17日)、「本国憲法に緊急事態条項(国家緊急権)を創設することに反対する意見書」(同)などが掲載されている。

 また、2016年の会長声明には、「死刑執行に強く抗議し、改めて死刑執行を停止し、2020年までに死刑制度の廃止を目指すべきであることを求める会長声明」(11月)や、「朝鮮学校に対する補助金停止に反対する会長声明」(7月)などがある。

 これらの政治的問題は世論が鋭く対立している。新聞の社説なら分かるが、日弁連の意見書や会長声明に世論誘導の意図が読み取れるのは問題だと思う。

 そもそも、「2020年までの死刑制度廃止」は、日弁連全会員約3万7000人のうち、786人が採決に参加し、546人が賛成したに過ぎない。わずか1・5%だ。3万6000人強の弁護士は、不在投票も委任状の提出もできなかったという。

 日弁連は、それを「日弁連意見書」や「日弁連会長声明」などの名称で発表する。この事実を、弁護士の多数意見と勘違いした人が知れば、「詐欺同然」と言いたくなるのではないか。

 執行部の暴走を黙認してきた弁護士にも道義的責任がある。弁護士業が多忙なのは分かるが、自分が所属する組織内の正義も追及してほしい。

 ■ケント・ギルバート 米カリフォルニア州弁護士、タレント。1952年、米アイダホ州生まれ。71年に初来日。著書に『儒教に支配された中国人・韓国人の悲劇』(講談社+α新書)、『トランプ大統領が嗤う日本人の傾向と対策』(産経新聞出版)、『日本覚醒』(宝島社)など。



引用ここまで。


ケント・ギルバート氏の
「そもそも、『2020年までの死刑制度廃止』(日弁連の意見書)は、日弁連全会員約3万7000人のうち、786人が採決に参加し、546人が賛成したに過ぎない。わずか1・5%だ。3万6000人強の弁護士は、不在投票も委任状の提出もできなかったという。」
「日弁連は、それを「日弁連意見書」や「日弁連会長声明」などの名称で発表する」
という言葉にはあ然とする。

「たった1.5%が賛成しただけで死刑廃止を議決し、日弁連としての意見として広く社会に流布される。まるで体のいい独裁体制であるかのようだ。」
これって、これではまるで専制君主じゃないか。

TBS『報道特集』日本のパヨク勢力の中でも未だに学生闘争のような青臭い内容のパヨク系報道番組だが、特定秘密保護法や共謀罪等について意見を聞くのは、決まって弁護士だ。しかも、北村晴男氏のようなまっとうな意見を持った弁護士ではない。共産党や社民党がスローガンとして使っているテンプレートに収まるような、まぁ言ってみりゃ使い勝手のいい弁護士を探してはそういう連中に好きに語らせる。

ケント・ギルバート氏によると、海外の例だとは言え、このような『悪習』を廃止させた例がある。日弁連のこういう悪習は質されないといけない。このような組織は民主的ではないし、日本という法治国家ではあってはならないことだ。




<↓よろしければクリック((○┓ペコリ>

社会・政治問題ランキングへ

※悪質なコメントについては削除します。

<↓自らの病気やお出かけ、にゃんこ動画、音楽等についてはこちら
(レインボーマンをクリック)。愚痴や下ネタ多いので苦手な方はスルー(*´▽`)ノノ>

テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも
ジャンル : 政治・経済

tag : 日弁連 北村晴男

社会に巣くう病巣

29年4月14日のizaの記事を引用する。


 千葉県我孫子市の小3女児殺害事件で、県警捜査本部はリンさんは自宅を出てすぐ事件に巻き込まれ、犯人が車で移動して遺体や所持品を遺棄したと断定して捜査を展開。防犯カメラやドライブレコーダーの解析などを進めていたが、現場の遺留物から検出されたDNA型が、渋谷恭正容疑者(46)特定の決め手となった。

 捜査関係者によると、リンさんの自宅から六実第二小までは約600メートル、子供の足でも約10分の距離だが、いなくなった3月24日早朝は誰もリンさんを目撃していなかった。通学路には登下校を見守る地元住民が立っていたがリンさんを見ておらず、通学路の防犯カメラにもリンさんは写っていなかった。

 これらのことから、捜査本部は家を出て5分以内に犯行に巻き込まれた可能性が高いとみて捜査。捜査幹部は「リンさんが1人で通学するタイミングを見計らっていたのかもしれない」と犯人像を分析していた。

 遺体の発見現場は、リンさんの自宅から北東に約12キロ。ランドセルは遺体から北西約24キロの場所で見つかった。犯行が広範囲にわたっていたことから、捜査本部は車が使われたと判断。国道6号など幹線道路のドライブレコーダーのデータを集め、解析作業を進めていた。

 遺体やランドセルの発見現場はいずれも人通りが少ない目立たない場所で、捜査本部は現場に土地勘のある者の犯行との見方を強めていた。「遠くに住んでいる人間が犯人とは考えにくい。通学路の構造などに熟している、近くに住む者の犯行とみていた」(捜査関係者)

 捜査本部は画像解析とともに現場の遺留物の鑑定を進め、第三者のDNA型を検出。リンさんの自宅そばに住んでいた渋谷容疑者が浮上した。

 遺体が橋の下の見えない位置に遺棄されたことから、渋谷容疑者は事件の発覚を遅らせようとした可能性もある。捜査幹部は「本当に隠蔽を図るなら、遺体を川に捨て、衣服を燃やすなどの手段もある。捜査の撹乱(かくらん)を狙ったり、犯行を誇示しようとしたりしているようにも見える」と指摘。「学校の関係者が逮捕されたことは衝撃だ。ようやく犯人が逮捕されたばかり。まだ分からないことは多い」と話している。



引用ここまで。


間抜けなヤツだ。DNAなんぞ残すのか?普通。まだ決めつけはできないんだが・・・これは青木理の言うとおり、検察によって起訴されてそして裁判にかけられて判決が確定されるまで、殺人犯と決めつけることはできない。

しかし、日本の警察は優秀だから真犯人を見逃さない。おそらく検察に送られて、この男が犯人だということになるのだろう。(今のところ容疑者)なのだろう。

記事では容疑者は土地勘のある人物だろうという。

しかもこの男、渋谷恭正容疑者(46)は、なにを考えていたのかリンちゃんの通っていた小学校のPTA会長を務めていたのだという。

ヤツの家族はどうしているのだろう。それとも家族はいないのだろうか。

ベトナムにいるリンちゃんのお父さんは、とてもたどたどしい日本語で、
[ウチの娘の情報を日本の警察署に報告してほしい・・・」
そう語っていた。きっと彼の頭の中にはこのような事件が起きるなどと言うことはなかったであろう。それだけに日本人の自分としても、悔しい。

渋谷恭正容疑者とはまったく関係ないが、つい先ほど、木嶋佳苗被告の私刑が確定した。「ざまぁみろ」などという言葉をあの女にをここで吠えるつもりはない。だが、これは自分が男だからかも知れないが、
木嶋佳苗被告という女は、『男好きのする女』なのだ。」
もちろん、ヤツの肩を持つつもりはまったくない。だけれども、日本人としてはああいう女をもし信じたら、地獄に落ちる・・・その程度のことは覚悟しておかなければならない。

さて、渋谷恭正容疑者の今回の事件についての動機を警察は明らかにしなければいけない。

それともうひとつ、テレビ局は情報番組が特に酷いのだが、パヨク的なコトを皆で言って、ご機嫌になったところでお終い。なんだこのお花見的なやり方は。

そうしないうちに、TBS『ひるおび』では、なんだか間抜けで丸メガネをかけて変な落語家が頓珍漢な顔をしている。ヤツはなんだか本当に頓珍漢な議論ばかりで、お茶を濁すだけでお終い。こんな無責任な話はないだろう。

それについて注意を与えるスタッフもいないらしい。

とにかく恵俊彰をはじめとするTBS『ひるおび』などの情報番組は、とにかく検察の調べが終わるまでは口を挟むことを止めたらどうか。ものすごく不愉快なんだが。

オマエらは正義面できるから気持ちいいんだろうが・・・




<↓よろしければクリック((○┓ペコリ>

社会・政治問題ランキングへ

※悪質なコメントについては削除します。

<↓自らの病気やお出かけ、にゃんこ動画、音楽等についてはこちら
(レインボーマンをクリック)。愚痴や下ネタ多いので苦手な方はスルー(*´▽`)ノノ>

テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも
ジャンル : 政治・経済

tag : 木嶋佳苗被告 渋谷恭正容疑者 リンさん

文春が不起訴に

29年3月23日配信の朝日新聞DIGITALの記事を引用する。


 昨年の東京都知事選に立候補し落選したジャーナリストの鳥越俊太郎氏が、週刊文春に過去の女性関係について虚偽の記事を掲載され公正な選挙を妨害されたとして、名誉毀損(きそん)と公職選挙法違反(虚偽事項の公表)の疑いで刑事告訴していた問題で、東京地検特捜部は23日、同誌の新谷学・編集長を不起訴処分にしたと発表した。

 問題となったのは、昨年7月21日発行の「週刊文春」の記事。鳥越氏は、同月14日に告示され同31日投開票があった都知事選に立候補し落選した。



引用ここまで。


不起訴になって以降も鳥越俊太郎はマスコミを通じて説明責任を果たそうとしていない。マスコミもさほど大きく扱ってはいない。まぁ、過去の男だからニュースバリューがないと判断されても仕方がないのだが。

パヨク勢力っていうのは都合の悪いときはさっさと逃亡する。そして、マスコミは鳥越に批判することも忘れている。
「鳥越さんが元女子大生に乱暴しようとした件、どうなりましたか」
「説明責任があると思うんですが?」
「謝罪の言葉はないんですか」
と質そうとするべきなのだが、それを怠る。この国のジャーナリズムというのは一体どうなっているのか。

鳥越俊太郎
「ないっていうことを証明するのは『悪魔の証明』だ」
などと言って、説明責任を回避した。文春を名誉毀損で訴えたのだが・・・それは本当なのだろうか。確かに
「『ない』と言うことを証明するのは悪魔の証明」に違いない。ただ、『アリバイ』を主張することで国民の誤解をかなりの部分、解くことができるハズだった。

1,文春に「告発」したと思われる被害女性(元女子大生)とその夫の氏名、顔、
2,元女子大生が在籍していた大学名
3,鳥越が知り合いだったとされるその大学の教授の氏名
4.出入禁止になった大学の名前
・・・
以上のコトを打ち消せばそれでかなりの部分、信頼が回復しただろう。鳥越はそれを一切やろうとしなかった。だからこそ、余計に怪しまれることになったのだ。

また、権力の座を伺う人間が一般人に対して司法の力で押さえ込むというのはとんでもない間違いだ。民主主義国家ではあり得ない。鳥越俊太郎には反論の機会が充分に与えられているはずだ。反論があるなら、報道機関を通じて表現すべきだ。

オレの記憶では・・・都知事選では当初は鳥越がリードしていたと思う。しかし、この女性スキャンダルが痛かった。この件を境に鳥越の支持率は急速に墜ちていった。

まぁ、都知事の器でもないし、あんなヤツが都知事にならなくて良かったが。




<↓よろしければクリック((○┓ペコリ>

社会・政治問題ランキングへ

※悪質なコメントについては削除します。


<↓自らの病気やお出かけ、にゃんこ動画、音楽等についてはこちら
(レインボーマンをクリック)。愚痴や下ネタ多いので苦手な方はスルー(*´▽`)ノノ>

テーマ : 気になったニュース
ジャンル : ニュース

tag : 鳥越俊太郎 週刊文春 スキャンダル 悪魔の証明 都知事選

プロフィール

小鉄@さすらいのおちんつも♡

Author:小鉄@さすらいのおちんつも♡
このブログは私が政治や社会問題、マスコミの問題その他について個人的に「おかしい!」と感じたことについて毒舌を吐きまくってスッキリするためのものです。苦手な方はスルーして下さい。
クレームは受け付けません。
反論についてはコメント欄にてお願いします。気が向いたら再反論させていただきます。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR