159時間の地獄

29年10月4日配信のDIGITALの記事を引用する。


 公共放送のNHKで、選挙取材の最前線にいた31歳の記者が過労死していた。愛する娘を失った遺族は、過労死の事実を局内で共有し、再発防止に全力を尽くすようNHKに求め続けてきた。

  6月14日都議選告示、23日投開票。7月4日参院選公示、21日投開票。NHK首都圏放送センターで都政を担当していた佐戸未和さんは2013年夏、立て続けに選挙の取材に走り回っていた。遺族によると、候補者と陣営関係者への取材、演説の撮影や録音、候補者の獲得票数を局内で予想する「票読み会議」への出席などで多忙を極めた。

 参院選の期間中に計3回、夜7時から全国放送される「ニュース7」などで東京選挙区の選挙戦をリポートしていた。死亡したのは、参院選の投開票から3日後の7月24日ごろ。同月末に横浜放送局への異動が決まっており、前日の23日は勤務終了後に送別会に参加していた。翌24日未明に都内の自宅に帰宅した後に倒れたとみられる。佐戸さんと連絡がつかないのを不審に思った親しい友人が25日に自宅を訪れ、ベッドで倒れているのを見つけた。



 引用ここまで。

 NHKの上田良一会長は、会見で、
 「公共放送を支えるために頑張ってきた優秀な記者を失い、残念な気持ちでいっぱいです。」
 「労災認定を受けたことを、大変重く受け止めています」
 などと発言した。さらに
 「引き続き、ご両親の協力も得ながら、改革に取り組んで参ります」
 などと述べた。

 マスコミには積極的にブラック企業を追及していく責務がある。ところが、この体たらくだ。NHKには他企業のブラック状況を批判できるのか。

 マスコミは不祥事を起こすといつもこういう対応でお茶を濁す。遺族に謝罪したり、再発防止を徹底するとかなんだとか。そうやって国民が忘れ去るのを待つのだ。

 さらにNHKのとんでもない不祥事であるのに、他のテレビメディアはまったくといっていいほど触れていない。このような状況で、なんで『再発防止』をうたうことができるのか。

 テレビメディアはせめてNHKに対して記者会見の開催を要求し、NHKの会長がそこに出てきて説明させるべきではないのか。

 日本テレビ系で『天才しむら動物園』という番組をやっている。オレが見たときは、ADがカルガモ親子の引っ越しに密着していた。カルガモ親子は72時間後に引っ越しに成功したが…それは誰がどう見てもブラックなのではないのか?

 マスコミ業界にはブラック企業を厳しく追及する責務がある。そうであるからこそ、自らの所属する社員や下請け企業の働き方がブラックであってはならない。




<↓よろしければ応援ください m(__)m>
にほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへ
にほんブログ村

誹謗中傷等のコメントは管理人判断で削除します。

<透析やうつ病、お出かけや旅行時の画像、猫や犬の動画、卓球ほかの記事はこちら>
『猫いらずのうつうつ日記』

テーマ : 気になったニュース
ジャンル : ニュース

tag : NHK 過労死

対話の前にやることがある

9月3日、気象庁は北朝鮮の豊渓里
「人工的な揺れが発生」
と報じた。

そして菅義偉官房長官により、
「北朝鮮による核実験だ」
と断定された。

質疑応答の時間で、NHKの記者は、
「どのような根拠で核実験だと断定したのか」
と、とんでもない質問。日本国に『手のひらを明かせ』とでも言うつもりか。とんだバカヤローだわい。

最近、これと同じようなコトを質問するマスコミ関係者が、マスコミ界隈で多数湧いている。コイツらって、なんでいちいち国の手の内を明かせとばかり言うんだろう。民進党の後藤祐一郎も同じような質問をしてドヤ顔だったが、バカもほどほどにしろ。

菅義偉官房長官は
「気象庁が人工的な地震波だと判断した」
「過去のさまざまなデータから核実験だと判断」
普通さ、『根拠を明かせ』って言ってもさ、この程度のことしか言えないのわかるでしょ?っていうか、もしかして管官房長官の失言を狙ってるの?

なんなんだよ、この三流ジャーナリズム感は。どっかの三流グルメなんじゃねぇのか、コイツらは。

「安保理決議を行うことで経済制裁を高めている。しかし、効果は出ていないコトについてどう思うのか」
それはよぉ、中共やロシアに行って言えよ。

国連で決議をしても、制裁決議を守っていないのは、中共とロシアだ。ヤツらは、
「朝鮮半島について一方的に圧力をかけているのは米国だ」
「圧力でなく対話をするべきだ」
と口をそろえて言う。

つい先日北朝鮮が日本を飛び越えるミサイルを撃ったあとの中ロのコメントだが・・・まるで
「日本や米国が朝鮮半島の緊張状態を高めている張本人だ」
とでも言わんばかりだ。

それでも、北朝鮮は今度は核実験をやった。中共だってロシアだって、メンツ丸潰れだろうに。そうなのであれば、少しは日米韓と歩調を合わせて北朝鮮に圧力をかけたらどうか。

野党やパヨク勢力は様々に政府自民党を攻撃するのだが…コイツらはどこの国の人間なんだ?ヤツらは東アジアの国々のスパイなのではないのか?だから心ある日本人は皆言うのだ。

「マスコミは三国人を採用するな」




<よろしく応援お願いしますm(_ _)m>
にほんブログ村 ニュースブログへ
にほんブログ村

誹謗中傷等のコメントは管理人判断で削除します。

<透析やうつ病、お出かけや旅行時の画像、猫や犬の動画、卓球ほかの記事はこちら>
『猫いらずのうつうつ日記』




テーマ : 報道・マスコミ
ジャンル : 政治・経済

tag : 豊渓里

TBSのバカ

8月30日のTBS『Nスタ』。取り上げていたのは、白山通りのイチョウ(?)の伐採問題。パヨクマスコミは、
「イチョウ並木が泣いてる」
などとくだらないコトを泣きわめいている。

バカめ、木が泣くわけないだろう。

並木道の伐採に反対する住民たちによると、
「住民に対してなんの説明もないまま、伐採が進められている」
と言うのだが、TBSの若手アナウンサーによると、
「行政による説明会は2回行われている」

と言うではないか。この『反対派』というのは、どういう連中なのか。

実はこういう連中はかなり数多くの自治体で騒ぎを起こしている。しかも、それはかなり無責任なモノだ。今日のTBSニュースでもで伝えられた連中は要するに、説明は起きたらしいのだが、いざ伐採されると、
「伐採反対!」
「ほら、イチョウが泣いているよ」
などと言い出す。それならなぜ、自分たちで活動し、行政に働きかけなかったのか。

「全然知らなかった」
という住民側にも問題がある。計画は5年も前から始まっている。“街を自分たちでつくっていく”主体者意識が、決定的に欠如しているじゃねぇか。

そして、番組MCの井上貴博
「行政は『説明したから』と言って終わりなのでなく、それを認識し、受け入れることが大事だと思います」
などという・・・どれくらいの人が説明を納得して受け入れてくれたらokだと言うのだろう。あるいはたった2割から3割か?あるいは2,3人が反対派に残っていても、説明不足なのか?

面白いもんだねぇ、本当に・・・

特にテレビの若手が異常なまでに劣化している。




<↓よろしければクリック((○┓ペコリ>

社会・政治問題ランキングへ
※悪質なコメントについては削除します。

病気やお出かけ、にゃんこ動画、音楽等についてはこちら↓
愚痴や下ネタ多いので苦手な方はスルー(*´▽`)ノノ
→<『猫いらずのうつうつ日記』




テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも
ジャンル : 政治・経済

視聴率も民意次第

元秘書への信じられないほどの暴言、そして暴行の案件で元秘書に告発されている、豊田真由子元自民党衆院議員。とんでもない出来事であるが故に、本人は謝罪のタイミングを逃してしまったのか、それとも出るに出られなくなったのか、雲隠れしてしまっている。

それとも以前民主党の議員と同じように、本当に精神を病んでしまっているのか。

さらに、松森俊逸という青森県の板柳町議なる人物が豊田真由子元自民党衆院議員の秘書を兼務するとして、すでに国会での手続きをすませていると記者会見であきらかにした。

この松森の胡散臭いところだが・・・豊田の秘書に就任したというクセに、豊田とは一度も会ったことがないという。したがって秘書を務めるコトに関する許可ももらってないらしい。

さらに、この村松はどこぞの県議会議員が入院した時にその母親に、
「息子さんは仕事を休むと議員としての仕事ができなくなる」
「自分が息子に成り代わって手続きするから・・・」
と説明して、金を騙し取り、数年たっても返済してないのだ。

なんなんだコイツ。ただの詐欺師じゃねぇか。よくもそんな立場で顔と名前を大勢の記者の前に晒せたもんだ。

そして、上西小百合。彼女はなぜかわざわざTwitter上で秘書と喧嘩を繰り広げている。要するに祭りが好きらしいのだ。ただ、専門家によるとそういう『祭り(炎上)』を目にした人の中でそれに参加する人の割合は、たったの数%に過ぎないのだという。

ではなぜわざわざなぜそんなコトをやるのか。

オレの想像だけど、おそらくテレビで取り上げられるコトを期待しているのだろう。特に影響力が絶大なテレビに取り上げてもらえると、こんなに美味しい話はない。

テレビは視聴率が欲しいからそうしているのだろうが、視聴者はもっと賢くなるべきだ。テレビ局も結局は民意次第なのだ。有権者はテレビが垂れ流す情報を鵜呑みにしてはいけない。批判的な目を養わなければいけない。




<↓よろしければクリック((○┓ペコリ>

社会・政治問題ランキングへ
※悪質なコメントについては削除します。

病気やお出かけ、にゃんこ動画、音楽等についてはこちら↓
愚痴や下ネタ多いので苦手な方はスルー(*´▽`)ノノ
→<『猫いらずのうつうつ日記』




テーマ : 気になったニュース
ジャンル : ニュース

マスコミの偏向

8月に入って、米トランプ大統領についての報道がかなり偏向していると思うのだが、どうしたものだろう。以前であればロシア疑惑とか、北朝鮮問題であるとか、さらには黒人優先デモや白人至上主義者らの衝突であるとか、日米共にメディアは次から次へと手を変え品を変えトランプ政権に対する偏向情報を流すことに執着している。

今日の午前中のバラエティでも、デーブ・スペクターが
「ハッキリ言ってトランプは恥さらしでしかないんですよねぇ」
自分こそ恥さらしな米国人だとは思わないのだろうか。その程度のことは素人の日本人でもわかっていることだ。

オレは日本人であるし、トランプが辞任しようとしまいとどうでもいいのだが、だが日米のマスコミが同じようなパターンでトランプを批判しているのはちょっと前の安倍総理に対するマスコミの偏向ぶりとまったくかわらない。

白人主義者たちと黒人擁護派とでデモ隊を起こし、犠牲者が出た時に、
「トランプが白人主義者を否定しなかった」
という、どうしようもない実にくだらない対トランプのヘイトスピーチで、黒人系がやたらと盛り上がって、今回の騒動の全責任はトランプにあるとでも言わんばかりにトランプを責め立てる。普通の日本人としては、なにをそんなに騒ぎ立てているんだろう、としか思えない。

白人至上主義者らをデモに導き、騒ぎ立てるように仕向けたのはトランプではないだろう。もう少し落ち着いたらどうなんだろう。

大統領選挙の時から米国のマスコミはトランプを嫌っていた。米国の主要なメディアは、自分たちがどちらを支持するか、キチンと宣言してから大統領選の報道を始めるのだという。これは椿事件というとんでもないことを起こした日本のテレビ局業界では有り得ない。

米国のメディアも日本のメディアも共に反省すべき点がある。

たとえばヒラリーを応援していたメディアは結果が出た時に、自分たちの報道姿勢についてしっかりと検証し、さらに読者に謝罪すべきだ。

さらに、トランプ政権には異常事態が続いているらしい。主要なスタッフが次々に退任しているとか。でも、トランプが北朝鮮に対する態度は褒められるべきだ。北朝鮮が何度もロケットを発射している頃、トランプは
「レッドラインを超えたら米国が北朝鮮を攻撃する」
と発言し、米軍の主要打撃群を北朝鮮東沿海に派遣すると発言した。

さらに北朝鮮は
「愚かな米国人がうろたえる姿をもう少し見守る」
トランプが主張することで、北朝鮮がビビっているという傾向は否めない。

ウクライナ紛争の際、オバマは早々に
「軍事オプションは選択しない」
と早々に米国の国際的な役割を放棄してしまった。その後のウクライナ紛争を見るべきだ。ここまで数年たったのだが、なにひとつ解決できていない。

トランプはなんだかんだ言っても、オバマに比べて優秀である部分もあるのだ。

それすら否定するなら、『現実を無視している』という意味で、報道機関失格だろう。




<↓よろしければクリック((○┓ペコリ>

社会・政治問題ランキングへ
※悪質なコメントについては削除します。

病気やお出かけ、にゃんこ動画、音楽等についてはこちら↓
愚痴や下ネタ多いので苦手な方はスルー(*´▽`)ノノ

→<『猫いらずのうつうつ日記』>




テーマ : 国際ニュース
ジャンル : ニュース

プロフィール

小鉄@さすらいのおちんつも♡

Author:小鉄@さすらいのおちんつも♡
このブログは私が政治や社会問題、マスコミの問題その他について個人的に「おかしい!」と感じたことについて毒舌を吐きまくってスッキリするためのものです。苦手な方はスルーして下さい。
クレームは受け付けません。
反論についてはコメント欄にてお願いします。気が向いたら再反論させていただきます。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR