謝罪しろ!

29年8月1日配信の産経WESTの記事を引用する。


 朝日新聞は1日付朝刊で、6月19日付オピニオン面「語りつぐ戦争」の投稿「引き揚げの女性に中絶手術」の内容について、確認に不十分な点があったなどとして一部を削除、訂正し「おわびします」との記事を掲載した。

 投稿は終戦後の引き揚げ女性の中絶手術のことを旧友から聞いた話として書かれた。16歳以上の女性を集めて担当者が呼びかけたという内容で、「旧友に聞くと、『今おめでたの方はいませんか。ご主人であろうと、またソ連兵、朝鮮人に犯されての子でも、今から育てるのは苦労です。思い切って見殺しにすることです』と女性たちに呼びかけたという」のうち「ご主人であろうと」を削除。「見殺しにすることです」を「身を軽くすることです」に訂正した。

 掲載後に読者から指摘があり、投稿者に確認したところ記憶違いの部分もあったとして削除・訂正の申し入れがあったとし、掲載前の確認も十分ではなかったとしている。



引用ここまで。


なんだ、これは?

要するに、女性の証言の裏も取らずに記事にしたってだけじゃねぇか。誰がそんなコトを呼びかけるって言うんだよ。なにをどう考えても有り得ないだろ。

朝日はどんだけ日本人を極悪非道だと決めつけてるんだ。ご主人の子であれば、堕胎は絶対に許されない。むしろ、国や自治体には、
「堕胎してはいけない」
というふうに強く言わなければいけないハズだ。

それに、
「見殺しにしろ」
というのはどういうコトか。女性が悩みに悩み抜いた末にそうしたのであれば、まだわかる。だが公がそんなことを言ったら許されないに決まってる。

朝日が
「どうしてそんなコトになるのか」
的なすっとこどっこいな問題を起こすことは、よくあることだ。

テレビ朝日の夕方の『スーパーJチャンネル』での話。テレ朝の記者が、東北の被災地を取材しに行ったのに、
「大学生です。ボランティアに来ました」
と身分を偽って現地入りしたらしい。

当たり前だが・・・テレ朝には矢のように講義が殺到した。

この問題について渡辺宜嗣キャスターは、
「テレビ朝日の記者が大学生のボランティアだと身分を偽って、取材行為を行っていました」
「被災地の皆さんには迷惑おかけしました」
たったこれだけの、ごく淡泊な『謝罪』でお終い。

こいつら、謝罪する気持ちゼロだろ。とりあえず
「そのことについては謝罪してありますよ」
「アリバイはありますよ」
というコトなんだろう。

マスコミは不祥事があっても、なるべく謝罪なしで済ませようとする。そして、しばらくしてそのことについて視聴者らが忘れてしまうのを待つのだ。

他者の不祥事に対しては、その程度の謝罪では絶対に許さないくせに・・・




<↓よろしければクリック((○┓ペコリ>

社会・政治問題ランキングへ

※悪質なコメントについては削除します。

<↓自らの病気やお出かけ、にゃんこ動画、音楽等についてはこちら
(レインボーマンをクリック)。愚痴や下ネタ多いので苦手な方はスルー(*´▽`)ノノ>

テーマ : 気になったニュース
ジャンル : ニュース

まだやるのか???

テレビでは未だに安倍総理が出席した閉会中審査の話題で持ちきりだ。マスコミはまだまだ終わらせるつもりはないようだ。骨の髄までしゃぶり尽くしたいと言ったところか。

相当に視聴率を稼いでいるらしい。

蓮舫は稲田朋美に対して、
「大臣は都議選の応援演説で『自衛隊も含めて応援をお願いする』という趣旨の発言をした。コレは憲法違反であり、公職選挙法違反だ」
と、発言した。

おいおいおい、オマエの二重国籍問題を忘れたのか?オマエだって公職選挙法違反であり、国籍法違反でもある。つまり、日本の政治家としての資格が問われているのだ。さらにコイツの場合も説明責任を充分に尽くしたとはまったく言えない。第一、日本の国籍を取得した年月日は戸籍謄本でしかわからない。蓮舫は戸籍謄本の公表には応じていない。マスコミは世論調査で
「安倍総理を信じられない」
という選択肢まで用意している。もちろん、蓮舫が信用できるか、についてはそのような選択肢は用意されていないし、そんな事実は絶対にテレビでは取り上げない。

K面テーターの中野は
「稲田さんを見ていると、安部さんの言う『女性が活躍する社会』ってこういうコトなんだなぁって思いますね笑。稲田さんはファッションにも化粧にも気を遣っていてとてもチャーミングですものね」
この女は以前にも、
「稲田さんは外見には気を遣うけど、中身は子供。発言の内容を見ているとまるで子供じみている」
と発言したのだがこれこそテレビという影響力絶大なメディアでコメントするようなコトなのだろうか。前川喜平の出会い系バー通いを取り上げることが『個人攻撃』であるならば、この中野コメントも『個人攻撃』であることに違いはなかろう。あるに違いない。

もしくは中野は自分については「頭脳明晰な天才(なんでもIQは200以上なんだとか)」という自負があるので、稲田大臣が若くして防衛大臣に大抜擢されたことに嫉妬しているのかも知れない。

そしてこの中野は
「官邸のチーム安部はお疲れなのでは?」
「『この辺でもう許してよ」って言ってるように聞こえる」
とヘラヘラ笑いながらコメント。これも根拠がないという意味で『個人攻撃』だろう。中野はIQで見れば天才なのであるが、政治や社会問題についてコメントをする時は実に頓珍漢な発言を繰り返す。実はそれほど頭は良くないのではないだろうか。

もちろん、加戸守行前愛媛県知事の証言も、青山繁晴氏の質問についても取り上げるつもりはまったくない。今日も蓮舫の質問が主に取り上げられていた。

マスコミのことを『マスゴミ』という人がネット社会では多く存在するが、なんとなくわかる気もする。第一、どんなことが取り上げらたとしても、安倍政権を叩くために準備万端なのだから。

安倍政権はいつまで持つのだろう。内閣改造で支持率回復なんてとても無理な気がする。さらに他のwebニュースでは『安倍自民党』と『小池の国民ファースト』の連携という超ウルトラCもうわさされている。




<↓よろしければクリック((○┓ペコリ>

社会・政治問題ランキングへ

※悪質なコメントについては削除します。

<↓自らの病気やお出かけ、にゃんこ動画、音楽等についてはこちら
(レインボーマンをクリック)。愚痴や下ネタ多いので苦手な方はスルー(*´▽`)ノノ>

イメージ次第

29年7月25日配信のテレ朝ニュースの記事を引用する。


 国会では、参議院予算委員会で安倍総理大臣が出席して加計学園の問題などについて集中審議が行われています。25日午前、民進党の蓮舫代表が安倍総理と直接対決しました。

 民進党・蓮舫代表:「加計学園に対する総理との疑惑。それが軽くなったと思いますか?深まったと思いますか?」
 安倍総理大臣:「昨日、私といたしましても、事実に基づいて丁寧に説明をさせて頂いたところでございますが、国民の皆様がどのように判断されるかということについては、まさに国民の皆様が判断されることであり、そのことについては真摯に受け止めたいと、このように考えております」
 加計学園問題で、安倍総理の関与があったかどうかなどが焦点になっています。また、陸上自衛隊の日報問題などについても審議され、25日午後3時ごろまで行われる予定です。



引用ここまで。


結局は政治はイメージ次第なのだ。どんなに野党がだらしなくても、マスコミがそれを指摘しなければなかったことにするのは簡単だ。

以前の森友問題は野党のツッコミも足りなかったせいか、安倍政権にとっては大した傷にはならなかった。第一、籠池泰典は安倍総理から100万円の寄付をもらった」
と主張するのだが、その根拠はまったくなかったし、もしそれが本当であっても違法な物ではまったくない。

ところが加計学園問題については前川喜平に毅然と反論している加戸守行前愛媛県知事の証言も、自民党の青山繁晴の質問もマスコミに取り上げられることはほとんどない。これではまったくアンフェアだ。

マスコミは安倍総理がなにをどう言っても、その答弁にツッコミを入れるべく待ち構えている。安倍総理が反論してもそれはほとんど意味をなさない。マスコミが作り出すイメージが、安倍政権の行方を大きく左右する。

影響力の大きさという意味では、新聞よりもテレビの方が大きい。テレビでは政治について語るのが一般人であれ、タレントであれ、そしてお笑い芸人であっても一般の人には比較的受け入れるためのハードルは低い。だからこそそれが一般化しやすい。

それにしても気になるのが安倍総理を退任させたとして、誰に総理大臣になってほしいと考えているのだろうか。強力なリーダーシップと確固たる国家観、歴史観が宰相として必要だと思うのだが・・・有権者はわかっているのだろうか。




<↓よろしければクリック((○┓ペコリ>

社会・政治問題ランキングへ

※悪質なコメントについては削除します。

<↓自らの病気やお出かけ、にゃんこ動画、音楽等についてはこちら
(レインボーマンをクリック)。愚痴や下ネタ多いので苦手な方はスルー(*´▽`)ノノ>

テーマ : 気になったニュース
ジャンル : ニュース

閉会中審査にて・・・

テレビで閉会中審査の模様とそれを伝える情報番組を見ていると、まるで安倍総理がどんだけダメ総理なのかと、力説している。かのようだ。

7月24日フジテレビ『バイキング』。出演していろいろ発言しているのはタレントばかり。MCの坂上忍が明らかに印象操作しているため、出演者のほとんどが一方的に安倍総理を叩きまくっている。

坂上のやっていることはある意味アジテーションなのである。おそらくスタッフとの打ち合わせを済ませた上でそうしているのだろう。だが、素人向けのバラエティだとはいえ、なかなかに酷い進行なのである。

本当に安倍総理はなにかやましいことをしたのだろうか。誰かがそれを立証したのだろうか。そして、加戸守行前愛媛県知事の発言にはまったく触れずじまい。

マスコミは政治家を公平に扱おうとはしない。

たとえば民進党の玉木雄一郎。ヤツの父親は香川県獣医師会の副会長で、弟も獣医師である。さらに玉木は獣医師会から100万円もの大金を政治資金として受け取っている。ヤツは今日もしれ~っとした顔で安倍総理にあんなことこんなコト・・・質問していたがヤツに質問する資格があるのか?玉木はゴリゴリの既得権益代弁者なのだ。

獣医師会から玉木雄一郎への寄付金について、テレビではまったく言及されない。ハッキリ言えるのは、政府内や文科官僚の中では親加計学園派とアンチ加計学園学園派で鋭く対立しているらしい。

要するに玉木は獣医学会の既得権益、岩盤規制を守る側なのだ。

また、加戸守行前愛媛県知事への質疑についても、やはりテレビで触れられることはない。加計学園学園の問題については前川喜平と加戸守行氏の証言をつきあわせて考えれば、すぐに前川喜平のインチキはあきらかになるのだが。マスコミにとっては前川喜平が絶対正義でなければならないのだろう。

さて、安倍政権の行方だが・・・もうここまで支持率が落ちたら、反安部派に散々言われ放題で崩壊するしかないのか。オレは自民党政権が続くのであればそれでいいと思っているのだが、じゃぁ誰が後継者として擁立され得るのか。同じ自民党だからというやたらと浅い考えで安倍政権は崩壊しろというのであれば、あまりにも無責任だ。

安倍政権には崩壊して欲しいというのであれば、その後継者として誰が相応しいというのか、ある程度の責任を持って語るべきだと思う。

間違っても民進党や共産党に負けてはならない。日本の国益を考えれば、野党に政権を譲るなどということがあってはならない。




<↓よろしければクリック((○┓ペコリ>

社会・政治問題ランキングへ

※悪質なコメントについては削除します。

<↓自らの病気やお出かけ、にゃんこ動画、音楽等についてはこちら
(レインボーマンをクリック)。愚痴や下ネタ多いので苦手な方はスルー(*´▽`)ノノ>

テーマ : 気になったニュース
ジャンル : ニュース

TBSがまた捏造?

29年7月23日配信の産経ニュースの記事を引用する。


 19日に放送されたTBS系「世界の怖い夜」で心霊写真として紹介された写真の持ち主が「写真をねつ造、合成された」と訴え、ネットで騒然となっている。

 この番組で「写真が撮影された現場で事故死した女性の霊」と鑑定した心霊研究家の池田武央氏は自身のブログで、「偽造されたものに霊的なものが宿ることが増えている」と釈明。後に消去した。

 番組は、ロンドンブーツ1号2号の田村淳さん(43)が司会を務め、「霊はど~こだ」との声で、写真が紹介された。このシーンは1分程度。女優の田中美佐子さんらが出演。「あれ~、見えた」などと絶叫した。

 紹介された写真は、3人の男性が展望台で肩を組んでいるもの。一番右の男性と中央の男性の間の足下に女性の顔のようなものが写っていた。

 ナレーションで「この写真は友人と、とある展望台を訪ねた際に撮影されたもの。心霊研究家・池田武央氏によると、写っているのはこの場所で事故死した女性の霊。この世に強い未練を残しており、すぐにお炊き上げすることを強くお勧めするとのこと」と説明された。

 この番組終了後、ツイッター上でオリジナルの写真を添え、その写真には何も写っていないと主張する投稿があった。投稿主の男性は「おれはTBSを許さない」ともつぶやいた。

 これに対し、番組で写真を鑑定した池田氏は21日、自身のブログで「心霊写真鑑定に関しまして…」と題し、「最近の心霊写真は、加工技術が発達していることもあり、偽造されたものが多く取り扱われているのは事実です。しかし、偽造されたものに霊的なものが宿ることが増えているのも事実なのです」などと主張した。

 しかし、池田氏は22日になってこのブログ記事を削除した。

 TBSは23日までに会見やプレスリリースなどでの番組内容の説明などは行っていない。



引用ここまで。


東京12チャンネルのディレクター時代、過激な取材を繰り返していた田原総一郎は自著で
「やらせがなければテレビ番組なんて成立しない」
と言ったらしい。それはきっと真実なのだろう。だが、我々視聴者としては釈然としないものがある。それはテレビ番組を制作する側と見る側にやらせはどこまで許されるのか・・・そういう議論をテレビ局側が一切受け付けていない。従って視聴者としては不信感をいだくくことになる。

これだけやらせが騒ぎになっても、TBSはまったく説明をしようとする姿勢をみせない。政治家に対しては厳しく説明責任を追及するのに自分たちのことについては説明をしようともしない。

オレも件の番組を何度か見たことがあるのだが、とてもではないけれども、それらを『心霊動画』や『心霊写真』だとは到底思えなかった。一目で、
「加工されてるだけじゃねぇか」
と思われる物ばかりだからだ。

今から40年ほど前、心霊、UFOや超能力が一緒くたに流行った時代がある。その時期を知っている人ならわかると思うのだが、まずかつてと違って作り物っぽさが満タンなうえに、そして今出演しているいわゆる『専門家』の考え出すストーリーもなんだか安っぽいのだ。

かつては幽霊が自分の正体を現すことはほとんどなかった。件の番組では幽霊たちが積極的に自分をアピールしている。その辺もなかなかにあざとい。

前に戻ってTBSの説明責任であるが、まぁ視聴者がさほど気にしないかもしくはとくに説明責任は発生しないかも知れない。だけれどこういうふうに、視聴率稼ぎなのかどうか知らないがこういうふうに視聴者を欺くようなことは許されないだろう。

岸井成格や伊藤敦夫の言い方を借りると、こういう『事件』はボディブローのように後から効いてくるだろう。




<↓よろしければクリック((○┓ペコリ>

社会・政治問題ランキングへ

※悪質なコメントについては削除します。

<↓自らの病気やお出かけ、にゃんこ動画、音楽等についてはこちら
(レインボーマンをクリック)。愚痴や下ネタ多いので苦手な方はスルー(*´▽`)ノノ>
プロフィール

小鉄@さすらいのおちんつも♡

Author:小鉄@さすらいのおちんつも♡
このブログは私が政治や社会問題、マスコミの問題その他について個人的に「おかしい!」と感じたことについて毒舌を吐きまくってスッキリするためのものです。苦手な方はスルーして下さい。
クレームは受け付けません。
反論についてはコメント欄にてお願いします。気が向いたら再反論させていただきます。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR