イ・ヨンスがなんだって?

29年11月10日のフジテレビ『グッディ!』の番組トランプが訪韓したときに、大統領官邸に自称慰安婦が招かれた問題。木村太郎氏がこうまくし立てた。

「韓国がトランプをもてなす晩餐会で変なヤツを出席させ、それに対して河野太郎外相が抗議した。そもそもそれが間違い」
「韓国の官邸が慰安婦を呼んだ、そして河野太郎外相が抗議した。韓国側は『ほら見ろ!日本が引っかかったぞ』といってまたまた国内で大騒ぎする。もちろん、政治的に意図的に、ですよ」
「こんな問題、いつまでグダグダグダグダやってるんだ、日本は・・・っていうこと」
「韓国がこういう風に日本を挑発しても、関わらなければいい」
「日本は、いい加減韓国がこういうことを平気でする国なんだということを、わからないと・・・」


そうか・・・トランプの当選を言い当てた木村太郎氏、さすがだねぇ。

それから、こちらはテレ朝の情報番組でのこと。

末延吉正東海大教授は
「日韓合意の趣旨は、完全かつ不可逆的に解決した」
と、ド正論。

ところが同席した金慶珠東海大教授は、末延氏に抗って、
「そうではありません。『外国に向けてこの問題について大きく口外しない』という取り決めです」

は?自称元慰安婦は自分の意思で大統領官邸に来たのか?そんなわけねぇだろ。韓国の官邸が意図を持って呼び寄せたに違いないだろ。80だか90だかのババァが勝手に入ってきて、勝手にメシを食ってるなんて、シュールなジョークじゃねぇか。怖くて怖くて笑えねぇわ。

もう・・・そうだね、疲れるから韓国のことはどうでもいいか。




<↓よろしく応援願いますm(_ _)m>
にほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへ
にほんブログ村

※誹謗中傷のコメント、もしくは暴力的なコメントについては管理人判断で削除します。

自らの疾患(人工透析、うつ病)、お出かけ、年に一度の旅行、猫ズわんこズの動画その他はこちら。
『猫いらずのうつうつ日記』




テーマ : 中朝韓ニュース
ジャンル : ニュース

韓国は客人をもてなさない

29年11月7日配信の産経ニュースの記事を引用する。


 7日晩に韓国大統領府の迎賓館で開かれる文在寅(ムン・ジェイン)大統領とトランプ米大統領の国賓晩餐会のメニューで、竹島(島根県隠岐の島町)の韓国側呼称「独島」を名前に冠した「独島エビ」が供されることが同日、明らかになった。大統領府が公開した。朝鮮日報は「日本が虚偽の領有権を主張する独島を我々が守る、という意志を米側にアピールする狙いがある」と分析した。

 他のメニューは文在寅大統領の出身地、巨済(コジェ)島名産のカレイを使った料理や韓牛カルビ、マツタケ釜飯など。大統領府は「食材一つ一つに意味を込め、初めて来韓された国賓への真心を表現しようとした」と説明している。(ソウル支局)



続いて、同じく11月7日配信の産経ニュースの記事を引用する。


 7日午前に日本を出発したトランプ米大統領は3日間の滞在中、和牛や米国産牛の肉料理を堪能した。

 トランプ氏の好みに合わせて選び抜かれた「おもてなし」に、親指を立てて喜ぶ場面もあった。

 5日に安倍首相らとゴルフをする前の昼食では、トランプ氏が大好物というハンバーガーが振る舞われた。米国産アンガス牛を使った厚み約10センチのチーズバーガーで、東京都港区の「マンチズバーガー」の柳沢裕代表(40)がゴルフ場に出向いて調理。柳沢代表は「食後は安倍さんもトランプさんも笑顔になっていた。おいしいものをいつでも食べられる平和な世界を作り上げてほしい」と話した。



引用ここまで。


韓国ソウルではトランプ訪韓のタイミングでデモが多発している。
「トランプのせいで朝鮮半島の安全が損なわれる」
と言うらしい。へーえ、コイツら自分たちの国が誰のおかげで生きられているのか、知っていないようだ。

また韓国の告げ口外交か。竹島を独島と読んでいる時点ですでに『虚偽』であるのに、ここまで既成事実化しておきながら未だに米国に信じてもらえないために、不安なんじゃないのか。

韓国には『おもてなし』などという言葉を持っていない。自分たちの国で主流となっている料理や文化を提供するだけでそれを強引に受け入れさせようとするだけ。そもそも
「客人をもてなす」
などという文化はない。それに比べ日本政府はトランプがハンバーガー好きだという情報をつかんで、ゴルフの後の食事はそれでいこうとした。

トランプだけではない。

メラニア夫人は滅多に感情をあらわにしないとのことだが、昭恵夫人と一緒に銀座のミキモトやあるいは小学校に行って記念撮影に応じたのだが、やたらと楽しそうにピースサインをして見せた。

トランプが韓国を訪問したというのに、もてなすことを忘れそして大統領府の外では反トランプデモが盛り上がっている。いつもいつも客人をもてなすことを忘れ、それどころか場をわきまえずに告げ口外交だ。

コイツらは所詮、米国のおかげで生きていられているのにそれにすら気付かない連中ばかりなのだ。日本人は違う。日本人は米国との安全保障関係がなければ生きていられないことを薄々知っている。

文句があるヤツは、米国との軍事同盟以外にどういう手段で日本の平和があるのか、言えるもんなら言ってみろ。確か孫崎享あたりが、
「日本の防衛に米軍はいらない」
「日本は自衛隊が守る。それが自衛隊の役割だ」
かわいそうなヤツだわい。

それに対して管官房長官はこう述べた。
「(エビのことについては)コメントをすることは控えたいのだが、まぁ政府としてはどうかとは思う」
「(韓国大統領官邸に自称元慰安婦たちが陣取っていることについては)、慰安婦問題については完全かつ不可逆的に解決されている」
さすがだよね、余裕だよね。

それにとどまらず、イヴァンカに対しては雅楽の実況演奏で、イヴァンカの誕生日を祝う曲を演奏するなど・・・『これぞ日本のおもてなし』をしてみせた。ちなみに日本のトランプに対するおもてなしの内容については、
「いいじゃないか。トランプもメラニアも、そしてイヴァンカも日本を楽しめたんじゃないのか」
というネットでの反応も多く見られた。

自分たちのことをゴリ押しする韓国と、相手の嗜好に合わせて『おもてなし』をする日本。どちらが柔軟で洗練されているもてなし方なのか、考えなくともわかるというものだ。




<↓よろしく応援願いますm(_ _)m>
にほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへ
にほんブログ村

※誹謗中傷のコメント、もしくは暴力的なコメントについては管理人判断で削除します。

自らの疾患(人工透析、うつ病)、お出かけ、年に一度の旅行、猫ズわんこズの動画その他はこちら。
『猫いらずのうつうつ日記』




テーマ : 国際ニュース
ジャンル : ニュース

tag : トランプ 訪日 訪韓 文在寅 イヴァンカ メラニア おもてなし

文在寅の憂鬱

29年11月5日配信の朝日DIGITALの記事を引用する。


 トランプ米大統領が7日、韓国に国賓として初訪問するのを前に、ソウルで反米デモや集会が増えている。文在寅(ムンジェイン)政権は、朴槿恵(パククネ)前大統領の弾劾(だんがい)を求めた市民の運動「ロウソク革命」から生まれた政権と自任し、集会の自由を最大限認めてきた。だが、一部の集会を禁止するなど、神経をとがらせている。

 「米国は軍事行動の中止を」。ソウル中心部・光化門近くの広場に5日、約5千人の市民が集まり、「NO WAR」などと記したプラカードを手に声を上げた。出版社勤務の女性(54)は「トランプが北を刺激し、戦争になるのではないかと心配で来た」。

 ソウル地方警察庁によると、トランプ氏の訪韓中の集会の届け出は100件以上。その大半が反米・進歩(革新)派系団体がトランプ氏を批判するために開く集会だ。そのうち、警備上の危険があるとして、青瓦台(大統領府)周辺での集会の禁止を通告した。政権発足後、集会の禁止を求めたのは初めてだ。

 一方で、デモ参加者は政権の支持基盤でもあり、対応には苦慮している。4日夜に約2千人が参加した反米デモは、米国大使館前の路上に20分以上立ち止まり、トランプ氏を糾弾し続けたが、警察は制止しなかった。トランプ氏の風刺画を描いた紙が大使館に投げつけられた。

 青瓦台は5日、「客人を歓待することは韓国の伝統だ。国民の皆さんが心を合わせてトランプ大統領を温かく歓迎してほしい」とする異例の談話を発表した。



引用ここまで。


文在寅政権・・・日本人には信じられないくらいの極左政権だ。この男、盧武鉉政権時代には側近として、北朝鮮に多額の金を送っていたこともある。

さて、この男は
「米国や日本はもちろん、中共や北朝鮮とも対話する」
と言っているのだが・・・何度も北朝鮮には全く相手にされていないし、挙げ句の果てには双方の赤十字を通じて北朝鮮に支援金を送ると言っても、無視されてしまった。

そして・・・

文在寅は米国や日本に対しても
「韓国に協議することなくして、朝鮮半島に何事か起こすことは許さない」
とまで言い切った。

この男はどこを向いているのか。

また、デモをしているバカども。トランプ率いる米国との同盟があってこその安全保障だろうに。

日本は邦人が朝鮮半島から避難する際、自衛隊の艦船については韓国に近寄ることを禁止する、と言っていると聞いたことがある(記憶違いかもしれないが)。その理由とは・・・

「日本がどさくさに紛れて韓国を攻撃してきて、再び朝鮮半島を植民地化するのではないか」

コイツら、もうどうしようもない。




<↓よろしく応援願いますm(_ _)m>
にほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへ
にほんブログ村

※誹謗中傷のコメント、もしくは暴力的なコメントについては管理人判断で削除します。

自らの疾患(人工透析、うつ病)、お出かけ、年に一度の旅行、猫ズわんこズの動画その他はこちら。
『猫いらずのうつうつ日記』




テーマ : 中朝韓ニュース
ジャンル : ニュース

文在寅の内政干渉

29年11月4日配信のYOMIURI ONLINE の記事を引用する。


 韓国の文在寅(ムンジェイン)大統領は3日、シンガポールのテレビ局との会見で、「日本が北朝鮮の核を理由に軍事大国化の道を歩むとすれば、望ましくないことだ」と述べ、日本政府をけん制した。

 文氏は北朝鮮問題への対処には、中国との関係強化も必要だとして「均衡ある外交」を主張した。



引用ここまで。


韓国野郎、つまんねぇこと言いやがって・・・

韓国は小国であるから米国にも中共にも良い顔をしないとマズいんだろうよ、どうせ。それは韓国の内政問題であるから、当然安倍総理だってそこは干渉しないし、尊重するはずだ。

事実、日本の総理大臣が韓国の軍事費についてなにか注文をつけたりした過去があるか?そんなコトをするのは韓国などの蛮国だけだ。

日本の教科書の内容がどうのこうの・・・軍事費がどうのこうの・・・国連での立ち居振る舞いがどうのこうの・・・

日本の内政に干渉するな!

中共は日本よりはるかに軍事力を増強している。しかもどういうことに金を注いでいるのか、明らかにしていない。日本には日本の立場がある。日本は韓国の立場を充分に尊重している。文在寅も日本の立場を尊重しないのであれば、痛い目に遭うぞ。

日本側は損をすることはない。損をするとしたら韓国だ。




<↓よろしく応援願いますm(_ _)m>
にほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへ
にほんブログ村

※誹謗中傷のコメント、もしくは暴力的なコメントについては管理人判断で削除します。

自らの疾患(人工透析、うつ病)、お出かけ、年に一度の旅行、猫ズわんこズの動画その他はこちら。
『猫いらずのうつうつ日記』




テーマ : 中朝韓ニュース
ジャンル : ニュース

日本国を貶める策略

29年11月1日の産経新聞の記事を引用する。


 慰安婦関連資料の「世界の記憶」(世界記憶遺産)登録をめぐる混乱で、国連教育科学文化機関(ユネスコ)は10月24〜27日の国際諮問委員会の期間中、緊張に包まれた。登録された場合、日本が拠出金停止の可能性を示唆していたためで、トランプ米政権によるユネスコ脱退表明に続く大きな危機と受け止められた。

 ユネスコで加盟国の拠出金の22%を負担していた米国が、2011年のパレスチナのユネスコ加盟に伴って拠出を停止。ユネスコは複数の新規事業の見送りを迫られた。

 現在は、拠出金の9・7%を担う日本が最大のスポンサー。「拠出金の3割を担った日米が抜ければ、ユネスコ運営が成り立たなくなる」(ユネスコ高官)という不安が出ていた。拠出金の負担で中国は7・9%で3位、韓国は2%。

 一方、「密室」の中で決まるユネスコ審査の「欠陥」が今回、改めて問われた。「世界の記憶」は専門家による国際諮問委員会が登録を勧告し、事務局長が追認して決まる。今回も例年同様、審査内容は明らかにされず、結果だけが発表された。最終決定は事務局長に委ねられるが、「政治判断を交えるべきではない」という理由で、事実上、諮問委が決定権を握っている。

 だが、諮問委には申請資料の内容が事実かどうかを検証する手段がない。これが、今回の慰安婦関連資料の審査でも問題になった。

 諮問委は、公文書管理の専門家14人で構成。ユネスコ事務局長が、アジアや欧州など地域別に指名する。諮問委内でも、関係国の利害が対立する「政治案件」の審査を担うことへの抵抗感は強かった。

 審査の「欠陥」は2015年、中国が申請した「南京大虐殺文書」が記憶遺産登録されたときから指摘されていた。当時、審査にあたった諮問委のアルライシ議長は「犠牲者が20万人以上と書いてあったが、実際の数字はわれわれには分からない。調べようとすれば、世界中の資料に当たらねばならない」と述べた。

 また審査では申請資料の原本は提出されず、多くはデジタルコピーが基になるため、諮問委からは「どうやって判断できるのか」という戸惑いの声があった。

 「世界の記憶」に登録されれば、ユネスコが「世界が記憶にとどめるべき歴史資料」というお墨付きを与えることになる。慰安婦関連資料が登録されれば、日本に大きなダメージを与える危険があった。



引用ここまで。


ユネスコはすでに国際的な歴史戦の舞台となっている。事実、中共がでっち上げた南京大虐殺は、すでに世界記憶遺産としてユネスコに認定されてしまった。

オレの素人考えなのかもしれないが・・・世界記憶遺産に一度指定されてしまうと、取り消すことは無理なのではないか。

記事にあるとおり、次は韓国が認定を認められるべく画策している、従軍慰安婦問題だ。ユネスコはじめ各国はそのようなコトが提案されるとおそらく流れ作業のように認定してしまうのだろう。

ここで、南京大虐殺や従軍慰安婦の問題については、日本人はもう一度振り返っておく必要がある。実は南京大虐殺にしても、従軍慰安婦にしても、朝日新聞が仕掛けたことなのだ。

南京大虐殺については、典型的な極左でありかつて朝日新聞に所属していた本多勝一。
日本兵が野良仕事に出ていた女性たちを無事に迎えられるようにしていた写真に、
「日本兵に連行される現地女性」
などとキャプションをつけていた。明らかに意図的な表現をしていたのだ。

従軍慰安婦問題の先駆けは『私の戦争犯罪』という著書のある、吉田清治であり吉田を利用したのが朝日新聞だった。さらに、従軍慰安婦問題とは全く関係のない金学順を慰安婦に仕立て上げた。

日本にまつわる歴史問題はそのすべてが朝日新聞によって作り上げられたものだった。

そこをおさえておかないと、朝日新聞にやり込められる。朝日新聞に対し、すぐさま反論できるような準備が必要だ。




<↓よろしく応援願いますm(_ _)m>
にほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへ
にほんブログ村

※誹謗中傷のコメント、もしくは暴力的なコメントについては管理人判断で削除します。

自らの疾患(人工透析、うつ病)、お出かけ、年に一度の旅行、猫ズわんこズの動画その他はこちら。
『猫いらずのうつうつ日記』




テーマ : 気になったニュース
ジャンル : ニュース

プロフィール

小鉄@さすらいのおちんつも♡

Author:小鉄@さすらいのおちんつも♡
このブログは私が政治や社会問題、マスコミの問題その他について個人的に「おかしい!」と感じたことについて毒舌を吐きまくってスッキリするためのものです。苦手な方はスルーして下さい。
クレームは受け付けません。
反論についてはコメント欄にてお願いします。気が向いたら再反論させていただきます。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR