『迎撃するな!』・・・えっ?



これはいつの『ひるおび』だろう。
まぁどーでもいいんだけどさ、

「北朝鮮がミサイルを撃ったとしたら、日本はどうする?」

おいおい、今さらそこかよ。なんで安保法制の時に、キチンと議論しておかなかったのか。自民党に反駁すればコト垂れり・・・そんなコトばっかりしてるから、今こんなコトを言うしかないんだろうが。

ハッキリ言えば、今は『加計』やら『日報』やら、そんなコト言ってる場合じゃねぇんだよ。それこそ挙国一致でコトに当たるべきだ。まずは、日本国に先生攻撃権を与えないといけない。さらに自衛隊を軍隊化するシステムが絶対的に必要だ。

テレビ朝日の『モーニングショー』にコメンテーターとして出演した競馬評論家の吉永みち子はさすがにパヨクらしく、安倍総理の
対北朝鮮制作を批判した上で、
「今からでも遅くないから、周辺諸国を巻き込んで北朝鮮と『話し合い』をするべき。

なんなんだよ、その『話し合い』って言うのは。具体的に言えっつーんだよ。中共もロシアも巻き込んでってか?中共やロシアが対北貿易を誰が具体的にどういう風に制裁を課しているのか、そんなコトの監視するコトなど不可能だろうに。

「撃墜するより、撃墜した時の方が破片が心配」
まさか、北朝鮮のミサイルが日本のどこかに着弾するミサイルを撃ち落とせるのに、それを見送れっていうのか、おい、室井よぉ?

<↓よろしければクリック((○┓ペコリ>

社会・政治問題ランキングへ

※悪質なコメントについては削除します。

<↓自らの病気やお出かけ、にゃんこ動画、音楽等についてはこちら
(レインボーマンをクリック)。愚痴や下ネタ多いので苦手な方はスルー(*´▽`)ノノ>

テーマ : 中朝韓ニュース
ジャンル : ニュース

やりすぎ乙武

週刊新潮2017年8月17・24特大号の記事より引用する。


乙武洋匡氏の元夫人が、乙武氏とその不倫相手を提訴したと週刊新潮が報じた謹慎後にテレビ出演した乙武氏は、離婚に至るまでの経緯や理由を公言。しかし、本当の離婚理由はモラハラとも言える乙武氏の態度だと元夫人の知人 昨年3月の「週刊新潮」報道により、5人の愛人との不倫が明るみに出た乙武洋匡氏(41)。現在は言論活動を再開しているが、同年9月に離婚した元夫人の仁美さんが、このたび彼とその不倫相手を提訴したのだ。

 仁美さんの訴状が代理人弁護士によって東京地裁に提出されたのは、8月4日のことである。訴状は2通あり、ひとつは精神的損害の賠償などを乙武氏に求める内容、もうひとつは不貞行為の損害賠償を乙武氏の不倫相手に求めるものだ。
 引き金となったのは、昨年11月27日の『ワイドナショー』(フジテレビ)に、乙武氏がVTR出演したことだった。

 “不倫謹慎”後に初めて地上波のテレビに登場した乙武氏は、不倫発覚から離婚に至るまでの経緯について、

「まあ、私がしでかしたこと自体は、夫人はずっと前から知っていたことなので」
「離れたほうが子どもたちのためっていうのが、やっぱり大きかったのかなあ……」

 などと語っていた。この発言に「深く傷付けられたと嘆いていました」と仁美さんの様子を明かすのは、彼女の知人である。

「というのも、離婚する際、ふたりはその経緯については一切他言しない取り決めをしていた。それは『守秘義務契約』として、正式に双方間で取り交わされていたそうです」

 乙武氏は一方的に暴露する形で約束を反故にしたわけだが、その内容にも虚偽があるという。

「離婚理由が決定的に違う。ずばり、それはモラハラとでも言うべき乙武さんの酷い態度だったんです――」(同)

 仁美さんは「週刊新潮」の取材に対し、「提訴したのは事実ですが、今、私のほうから申し上げることはありません」と答えた。

 8月9日発売の「週刊新潮」では、乙武氏の「5人不倫」の第2幕を特集。関係者によると「俺の面倒を見ないと、障害者虐待防止法で訴えるぞ」との発言などがあったとされる、乙武氏のモラハラの実態についても詳しく報じている。



引用ここまで。


実はオレもその時放送のフジテレビ『ワイドナショー』放送を見ていた。自分も障害者であるのだが、乙武洋匡がどんな発言をすのか・・・そこについてとても興味があったのだ。

乙武はいつも安っぽい言葉で自分を飾るクセがある。勝手に一人でやっていればいいのだが、瀬戸内寂聴のように押しつけがましくてウザったい。
その一部とも言えるのが記事の以下の分にあらわれている。
「まあ、私がしでかしたこと自体は、夫人はずっと前から知っていたことなので」
「離れたほうが子どもたちのためっていうのが、やっぱり大きかったのかなあ……」

自分の不倫のために離婚したくせに・・・「子供のため」だなんてなんていうサイテー男だ。

そして、・・・乙武の野郎が、普段の姿を見せる瞬間を見せた。
松本人志やヒロミ、古市憲寿といったレギュラー陣が乙武の部屋を訪ねた時のことだが、松本人志が
「ところでさ・・・お茶くれる?」
と言った時なのだが・・・乙武はやや厳しい声で、スタッフを叱りつけてお茶を出させたのだ。
おいおいおい、スタッフをそこまで叱りつける必要はないだろ。たかがお茶だぞ?

ヤツは自分のtweterをわざと炎上させ、援助商法を繰り返す。・・・普通の人が見れば、乙武の方がおかしいとわかる。
だが、乙武の面倒くさいところは・・・要するに乙武を絶対的に支持するヤツらが存在することだ。

障害者の中には乙武の例にあるように、自分の障害を売り物にしたい連中がいる。
そして・・・マスコミはそれを取り上げて商売に仕立て上げる。
さらに・・・テレビで乙武のようなヤツを見て、涙を流すことで『アタシったらなんて心の美しい女性なの・・・』と勘違いする』こういう

三者による共犯関係が成り立っている。

バカくせぇ。

それにしても、乙武のいわゆる、
「俺の面倒を見ないと、障害者虐待防止法で訴えるぞ・・・」
っていうのは一体なんなんだ、コレは。『モラハラ』では済まない、『脅迫』ではないのか。

乙武洋匡・・・どんだけ卑怯で汚いヤツだろうか。




<↓よろしければクリック((○┓ペコリ>

社会・政治問題ランキングへ

※悪質なコメントについては削除します。

<↓自らの病気やお出かけ、にゃんこ動画、音楽等についてはこちら
(レインボーマンをクリック)。愚痴や下ネタ多いので苦手な方はスルー(*´▽`)ノノ>

テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも
ジャンル : 政治・経済

tag : 乙武洋匡 ワイドナショー モラハラ 障害者

宮古島にて・・・

29年7月5日のwebニュースの記事を引用する。


沖縄・宮古島のビーチパラソルレンタル店が通常の客には2000円で貸し出しているパラソルを、中国人観光客にだけ2万円と書いた看板を2週間ほど前から設置している。市役所には「差別だ」という批判も寄せられている。

レンタル店の店主は「長年我慢してきたんです。そのたびに追い出すのも嫌になって、あの看板を考えたんです」と、中国人観光客のマナーの悪さ腹を立てていた。他にも、貸しデッキチェアに5人で座って壊されたので、新しいものを買ってくるが、また壊されてしまうという。
00
「ゴミも溢れ、勝手にパラソルを使う。全部タダだと思っている。腹に据えかねていました。看板のパラソルの値段を書いた部分は破いて、2万円で貸し出すことはしないが、貸したくはないです」

プレゼンターの内野泰輔アナは「一見すると、あこぎな商売をしているように見えますが、店主としてはただ貸したくないだけなんです」と説明した。

沖縄の中国人観光客には別のトラブルもある。国際免許証を提示する中国人観光客にレンタカーを貸すと、交通事故が絶えないのだ。中国は国際連合条約に加盟していないので、国際免許証は発行できないはず。つまり、中国人観光客が提示する国際免許証は偽造されたものが多いということだ。

ネットで調べると、大手通販サイトで偽造国際免許を購入することが可能だった。1件約2万5000円で、フィリピンやマレーシアで発行された国際免許証が売られていた。

ニュースデスクの笠井信輔がこんな指摘する。「実は、宮古島のビーチはそもそも県の管理地で、ここでは許可なく営業できないんです。パラソルレンタルも違法ということで、業者を取り締まる条例を作ってほしいという要望もあり、県も取り締りを強化したということです」

どっちもどっちということか。



引用ここまで。


テレビ朝日の『モーニングショー』でこの件について議論していた。

羽鳥慎一
「有りなしでい言ったら、なしですよね」
あっそう、日本人のセンスを否定したいのなら、勝手にそうしろ。その代わり、オマエの元には多くの避難の声が集まるだろう。

まったく日本人側が正しい。おかしな行動ばかりしている中国人どもが徹底的に問題な行為をしているのだから、日本人はまったく問題ない。

玉川徹
「属性であれこれ考えるのがおかしい」
「日本人にもいろいろマナー違反する人いるでしょ」
なに言ってんだ?頓珍漢な玉川め。

中国人も、官製の反日デモを起こした時、「日本人だからというそれこそ属性で差別しただろうに」。それから日本車に乗ってる
というとんでもない言いがかりで、中国人である女の子が、大声をあげていた。

パラソルやイスを使った人が去った時に、どさくさに紛れて金も払わずに、勝手に座るバカな日本人がいるか?
砂浜で排泄するバカな日本人がいるか?
店員から注意された時に、
「そんなルール知らないわよ」
「現金なんて持ってないわよ」
などと逆ギレする基地外中国人がいるか。

玉川にしろ、誰にしろ、スタジオの連中は
「私は差別するわけがない。」
などと言って、アピールすることが目的でその番組に出ているのだ。

ちなみに、この両番組では韓国人がある飲食店に入ろうとした時に、
「ここは○○店のですか?」
と聞かれただけで日本人の客から、ヘイト的な言葉を発せられたという酷い言葉を浴びせられた。店主は思わず、
「すみません・・・という言葉を投げかけたらしい。しかし、店主のこのことばについてはテレ朝の『モーニングショー』は一言も告げてなかった。

フジテレビの『とくダネ!』だけが報じた。

この韓国人は実は母国韓国でも評判は恐ろ実は24歳と名乗っていた。また、にユーチューバーとして金を儲けていたのだが、それで金を稼いでいるとしたら、入国管理法違反になるはず。ヤツは
「日本の法律知りません」
などと知らぬ損是ぬを決めるのだが、知ってる知っていないの話ではない。

この男については、テレビ朝日は
「韓国の人をヘイトだとしている日本人として、捉えていた。ハッキリ言って、韓国人をヘイトするのは、許されない」
コイツ、なにを言ってるのだろう。
ヘイトをしている人間であれば、日本人だろうと韓国人であろうと、許されないハズだ」




<↓よろしければクリック((○┓ペコリ>

社会・政治問題ランキングへ

※悪質なコメントについては削除します。

<↓自らの病気やお出かけ、にゃんこ動画、音楽等についてはこちら
(レインボーマンをクリック)。愚痴や下ネタ多いので苦手な方はスルー(*´▽`)ノノ>

テーマ : 気になったニュース
ジャンル : ニュース

岸田文雄と改憲

29年8月3日配信の朝日新聞DIGITALの記事を引用する。


 岸田文雄政調会長は3日午前、党役員の就任記者会見で、安倍晋三首相が目指す憲法9条の改正について「党内で丁寧な議論を行うことが重要。丁寧な議論を続けることで国民の理解も進む」と述べ、慎重に議論を進めるべきだとの考えを強調した。

 岸田氏は首相の改憲提案後も「今は9条の改正は考えない」と異論を唱えていた。この点について、「私の考えは従来と変わっていないが、私の立場は、私の考えを実現することではなく、党内の活発な議論の環境を作って、党の結論を出すことだ」と語った。

 首相の経済政策アベノミクスに対しては「大きな成果が上がっている」と評価する一方、「成長と分配の好循環を完成させなければならない。それが格差の問題だとか消費環境の問題ではないか」と持論を述べた。

 党の政策を取りまとめる政調会長に就いた岸田氏が、首相の看板政策を推進しつつ、「ポスト安倍」候補として独自色を出せるかが今後の焦点となる。



引用ここまで。


岸田文雄と改憲の問題については、安倍総理がひとりで突出しないことだ。自分も改憲賛成論者であるが、現状では改正に賛成する有権者、特に9条の改正について賛成する有権者は少ない。下手をして、国民投票で却下されてしまったら、かなり長期に憲法改正は見直しの議論は難しくなるだろう。

ただそれが岸田文雄によるポスト安部の座を得るためのやり口であるならば、いただけない。改憲議論をリードする政調会長が、国民うけを狙って『護憲ありき』を主張するのであれば、有権者への裏切りだ。

朝日新聞であるからこそ、岸田文雄政調会長の反安部政権の部分、すなわち『反改憲』であったり、『反アベノミクス』であったり、そういう岸田文雄政調会長をばかり持ち上げるのでは、岸田がどうというより、朝日新聞自身の信頼が失われていくんではないか。

3年前の従軍慰安婦報道問題での捏造報道により、朝日新聞の信頼は著しく落ち込んだ。そして、今年は前川喜平を情報源にする加計学園学園問題の捏造だ。

コイツら、どこまで調子こいてるんだ?




<↓よろしければクリック((○┓ペコリ>

社会・政治問題ランキングへ

※悪質なコメントについては削除します。

<↓自らの病気やお出かけ、にゃんこ動画、音楽等についてはこちら
(レインボーマンをクリック)。愚痴や下ネタ多いので苦手な方はスルー(*´▽`)ノノ>

テーマ : 報道・マスコミ
ジャンル : 政治・経済

tag : 岸田文雄政調会長 朝日新聞

マスコミは最強じゃない

29年8月3日配信の朝日新聞DIGITALの記事を引用する。


 第3次安倍第3次改造内閣の顔ぶれが固まり、「森友・加計印」の閣僚らの処遇は――。安倍晋三首相(自民党総裁)は3日、党役員人事に踏み切るとともに、改造内閣を発足させる。首相の友人が理事長を務める学校法人「加計(かけ)学園」の獣医学部新設問題が支持率急落の一因となって苦しい政権運営が続くが、一連の問題で名前が取りざたされたり、対応を批判されたりした閣僚らの多くが「一掃」される見通しになった。

 獣医学部の事業者選定に関わりがあったのでは、と国会で指摘された山本幸三地方創生相、文部科学省内で作成された内部文書に登場する萩生田光一・官房副長官、松野博一文科相は、いずれも交代が固まった。萩生田氏は党幹事長代行に就く。

 首相は後任の文科相に、林芳正・元農林水産相を起用。8月末には獣医学部設置の可否の判断が待ち受ける中、梶山弘志・新地方創生相とともに、秋に予定される臨時国会でも野党との論戦が白熱しそうだ。

 また、小学校建設をめぐる補助金詐欺容疑で前理事長が逮捕された学校法人「森友学園」との関わりを否定しながら、後から訴訟に関わったことが判明して国会答弁を陳謝、撤回した稲田朋美氏。改造6日前の7月28日に南スーダン国連平和維持活動(PKO)の日報の隠蔽(いんぺい)問題をめぐる「監督責任」をとって防衛相を辞任したが、今回の人事では名前が挙がることもなかった。

 一方で、加計問題をめぐって「総理の意向」などと記された文書の存在を当初、「怪文書のようなもの」と切り捨てて批判を受けた菅義偉官房長官は、引き続き内閣のスポークスマンである官房長官を続ける。首相にとって政権の「骨格」だけに、交代させることはなかった。



引用ここまで。


森友問題なんて、野党やマスコミが仕組んだ政治的なテロリズムだろうに。だいいちさぁ、安倍総理が森友問題に関わった根拠なんてどこにあるのか。あるとすれば、昭恵夫人が名誉校長を勤めていたとか、安倍総理が100万円を寄付したとか、そういうとこだろう。だが、昭恵夫人が名誉校長を勤めていたとしても、なんの問題もない。それによって報酬を得ていたのなら話は別になるのだが、そんな事実はまったくない。

安倍総理が100万円寄付したという話もあるが、こちらはとんでもない与太話だ。寄付したという証拠となる証拠がどこからも出て来ない。森友側は、
「安倍総理からの寄付の証拠だ」
といって、郵便局からの振り替え証をマスコミに提示したが、安倍総理から森友への寄付の根拠にはまったくならないものだった。

万が一にも安倍総理が寄付していたとしても、どうしてそれが違法になるというのか。違法になるというのであれば、その法的な根拠はどこにあるというのか。

また、加計学園問題にしても前川喜平前事務次官が作り上げた「事件」であり、そのことについては閉会中審査での加戸守行前愛媛県知事の証言を聞けばわかる。
だから、朝日や毎日などパヨク系メディアは加戸守行氏の証言をまったく無視したのだ。

これはあくまで天下り問題で更迭された前川喜平の意趣返しなのだ。
前川喜平は、官邸を逆襲しようと自分で文科省の書類を朝日にリークした。だから閉会中審査では、
「朝日へ文科省の文書をリークしたのはあなたですか?」
と質問されると、
「その件についてはノーコメントで・・・」
などと言って逃げるのだ。
「はい、私は国家公務違反に疑われる可能性がございますよ」
と、正直に答えれば良い。

また、前川喜平は出会い系バーになぜ通い詰めていたのか、その理由にもハッキリ答えていない」

朝日新聞はいうまでもなく、反安部政権の立場に立つ。まぁ、報道機関は言論機関でもあるから、特定の政治的立場にたっていても、それは問題はない。

だが・・・

フジテレビの『バイキング』。お笑い芸人を中心にタレントらを中心に、お友達同士が言いたいことを言い合う番組で、ワイドショーネタや政治的なネタを扱う。それぞれの問題については解説も出演する。

安部参事改造内閣の話題で、坂上忍がこういうコトを言い出した。
「オレねぇ、東さん、言論の自由って民主主義の根幹だと思うんですよ」
東はそれを受けて、
「まったくその通り。マスコミは政府の暴走をチェックする立場がありますからね」
まったく間違っている。

言論の自由は確かに重要だが何でもかんでも言えばいいというわけではない。憲法によって『公共の福祉に反しない限り』と定められている。さらに放送法の縛りも当然ながら受けている。

さらにマスコミには政府の暴走をチェックする使命があるというのであれば、第四の権力であるマスコミを批判する権力は誰にあるのか。実際に、第四の権力は勝手な解釈でとんでもない発言をしている。

あるバカ女は、
「安倍改造内閣でいろんな人が入閣したけれど、安倍総理を入れ替えないとダメなんじゃないですか?」

このバカ女、総理大臣が憲法に定められた手続きに則って、適法に選ばれている。安倍総理が交代させられるとしたら、自民党の総裁選で別の候補に敗れるか、総選挙において他の政党に敗れるのかどちらかだ。

いくら言論の自由が民主主義の根幹だとはいえ、何でも何でも言えばいいってもんじゃない。

その程度のことをしらない人間をテレビに出すもんじゃない。

マスコミは最強なんかじゃない。




<↓よろしければクリック((○┓ペコリ>

社会・政治問題ランキングへ

※悪質なコメントについては削除します。

<↓自らの病気やお出かけ、にゃんこ動画、音楽等についてはこちら
(レインボーマンをクリック)。愚痴や下ネタ多いので苦手な方はスルー(*´▽`)ノノ>

テーマ : 気になったニュース
ジャンル : ニュース

★人気ブログランキング★
プロフィール

小鉄@さすらいのおちんつも♡

Author:小鉄@さすらいのおちんつも♡
このブログは私が政治や社会問題、マスコミの問題その他について個人的に「おかしい!」と感じたことについて毒舌を吐きまくってスッキリするためのものです。苦手な方はスルーして下さい。
クレームは受け付けません。
反論についてはコメント欄にてお願いします。気が向いたら再反論させていただきます。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR